CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Rosellinaの楽譜カバー、誕生のお話。


当店が初めて楽譜カバーを販売したのは、2007年2月でした。
写真は第一号の製品です。

当時は受注生産で、1点1点私がミシンで縫っていたんですよね。
いわゆる、ハンドメイド商品。

あれから6年・・・。

現在は、企画・デザイン・販売を弊社で行い、製作はプロの協力工場さんにお願いしております。
縫製会社、革加工会社、ビニール加工会社など。

やはりプロでないとできない仕事があります。
趣味の延長である私の技術ではとうてい納得のいく製品などできないため、私のデザインをカタチにしてくださる取引先を探しました。


ところで、「なぜ楽譜カバーの販売をはじめたの?」とよく聞かれます。

私は大学(一般大学の文系)を卒業し、仕事をしながら趣味としてピアノのレッスンにときどき通っていました。
外国版の楽譜は紙がもろいので、包装紙を折ってカバーをかけていたのですが・・・

「可愛い楽譜カバーって売ってないのかなぁ?」
ふとそう思ったのです。

・・・ところが、ネットで検索しても全く出てきません。

「まさか、販売されていないの?」

そういえば、私が高校生の頃に、銀座のヤマハで透明ビニールの楽譜カバーを買ったことがある。思い出して、さっそく銀座のヤマハに行ったのですが、2007年時点ですでに取り扱いがなくなっていました。

他でもいろいろ探しましたが、楽譜カバーはどこにも売っていませんでした。

母の持っている全音版の楽譜にはすべてビニールカバーがかかっています。
30年程前までは、全音版の楽譜にはもともと薄いビニールのカバーがかけられた状態で販売されていたんですね。今のようにコーティングされていない表紙でしたから、保護するためです。

「そっか、今の楽譜は、紙質がよくなって、表紙も丈夫になって、もうカバーなんて必要ないから売っていないんだ・・・。」

「でも・・・お気に入りの本にブックカバーをつけるみたいに、大切な楽譜にだって素敵なカバーをかけたいなぁ。
練習だって楽しくなりそうだし。」


ならば・・・自分で作ろう!!

ブックカバーの作り方が載っている本を何冊か買ってきて、製図を楽譜サイズに調整。お気に入りの布を使い、何枚も作ってみました。

うん、可愛いかも♪

「もしかして、こういう楽譜カバーが欲しい人って私以外にもいるんじゃない?」

そこで、当時手作りアクセサリーのネットショップをしていた私は、さっそく楽譜カバーを載せてみました。

すると、すぐに注文が入ったのです!
すごく嬉しかったです。あのときは大はしゃぎでしたね。

その後、他での仕事が忙しくなってしまい、残念ながらそのアクセサリーショップはすぐに閉鎖。

しかし、やっぱり諦めきれず、2009年4月に、Rosellinaは楽譜カバーの専門店としてリニューアルオープンしました。

おかげさまでたくさんのお客様からご注文をいただいていたのですが、2011年春に、結婚準備のため一時休業。
1年経ち、新しい生活にも慣れて落ち着いたので、2012年夏から再開の準備を進めて、ようやく2013年4月に再スタートが叶いました。

紆余曲折を経て、今日のRosellinaがあるわけです(笑)


当店が楽譜カバーを初めて作ったときに比べて、今はいろんな会社から楽譜カバーが発売されているんですね。

楽譜カバーに新たな市場ができるのはうれしいことです。
もちろんライバルが多くなったので、ちょっと大変ですけれど(笑)、弊社はこれからもこだわりの楽譜カバーをご提案していけたらと考えております。

当店の楽譜カバーはすべてオリジナル商品となっております。
他社製品の仕入はありません(音楽雑貨のセレクト品は除く)。
また、Rosellinaは他社にも卸していないので、当店でしかお求めになれません。

これからも楽譜カバーの専門店としてがんばってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by | 16:28 | 当店の思い | comments(0) | - |
日本製であること。


当店は「日本製」にこだわっています。

日本製だけが優れているとか、外国製はダメだとか、そういうことではなく・・・。

では、なぜ?

それは、日本で作ろうとしなければ、日本のモノづくり産業が衰退してしまうから。

モノづくりの仕事がなくなると、日本の職人は減り、日本の技術は伝承されず、やがては消えていくでしょう。

そんなの悲しいです。

弊社のようなメーカーが、ファブレスカンパニーとして生きていけるのは、小ロットでも協力してくださる工場が日本にはまだまだたくさんあるから。

たくさんの職人さんが今もがんばっているから。

弊社も現在、5社以上の協力工場さんに助けていただいております。弊社のような小さなメーカーは協力工場さんが育ててくれているのです。

だから、お客様にはできる限り安価で商品を提供したいけれど、職人さんには技術に見合った報酬をちゃんと支払って欲しい。

むやみやたらに仕入を値切るなんてできません。

そのため、弊社の商品は一生懸命考えて価格設定をしております。品質相応の価格は?お客様にご納得いただける価格は?といつもものすごく悩みます。
もちろん弊社も企業ですから、妥当な利益を得なければなりません。

ただ一つ言えるのは、現時点で納得できる最大限の品質で製造しているということ。妥協は一切していません。

当店のオリジナル商品はすべて日本製です。セレクト品も可能な限り日本製を仕入れています。

原料まで含めてすべてが「日本製」というのは無理ですが、最終生産工程は「MADE IN JAPAN」、日本の職人の手で作り上げ、日本の職人の目で確認したものです。
posted by | 23:59 | 当店の思い | comments(0) | - |
楽譜にカバーをかけませんか?
楽譜というのは本の中では特殊で、「いらなくなる」ということがほとんどありません。

レッスンが終わった曲でも、演奏会が終わった曲でも、いつかまた弾くことがあるかもしれない。
それに、情報が古くなったからと価値を失うこともない。

そう、楽譜は「一生もの」。

楽譜とアンティークの鍵

そんな大切な楽譜を、キレイな状態で使用・保管するためには、やっぱり楽譜カバーがあったほうがいいと思うのです。
透明のOPPビニールの楽譜カバーなら手軽にカバーすることができます。

楽譜にカバーなんてジャマ!という方もいらっしゃるかと思いますが、使用時の不便さがある場合は、使っている間は外しておけばいいですよね。

また、当店の楽譜カバーは不透明のものもあります。
表紙を隠すというより、「ドレスアップする」感覚でしょうか。

可愛らしい花柄の楽譜カバー、クラシカルなレースをあしらった楽譜カバー、フォルテハ音記号が型押しされた楽譜カバー、ト音記号五度圏のイラストがプリントされた楽譜カバーなど・・・。

楽譜を開くのが楽しくなるような、そんなカバーをお作りしています。

ぜひ、ご自分へ、そして、音楽好きのあの方へ、プレゼントにいかがですか?
posted by | 16:54 | 当店の思い | comments(0) | - |